Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2017年 8月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>

日本科学教育学会誌『科学教育研究』 論文執筆要項 (2017.2.20より)


『科学教育研究』投稿規程はこちら      投稿はこちらへ

平成29年2月20日改定

 本要項は,日本科学教育学会誌『科学教育研究』へ投稿する論文を執筆する際に,厳守していただきたい事項をまとめたものです.

1.本文の作成手順
(1) 書式
 論文は,汎用性の高い電子的な媒体で作成する.本文の書式は,A4判縦置き横書きとし,24字×43行の2段組とする.文字の大きさ,字間行間等について特別な指定はありません.読みやすさにご留意ください.

(2) 区切りと見出し
 本文は,章,節,項などに区切り,見出しをつける.章の見出しにはI, II, III…,節の見出しには1,2,3…の見出し番号をつけ,行の左に書く.章,節の見出しのフォントはゴチック体とする.また,章の前は1行空ける.項の見出しは,a,b,c…とし,見出しとともに左端を1こま空ける.さらに細分を要する場合の表記法については,著者に委ねる.

(3) こまどり・フォント
 本文は,書き出しおよび改行後の書き出し部分を1こま空ける.また,見出し番号の次も1こま空ける.その他はすべて左端から書きはじめる.
 読点はカンマ「,」とし,句点はピリオド「.」を用いる.
 フォントは明朝体を標準とし,ゴチック体の指定のあるところはゴチック体を用いる.本文中ではこれらのフォント以外は用いないこととする.ただし,図表中においてはこの限りではない.
 2桁以上の数字は,半角文字を用いる.
 アルファベットは基本的に半角文字とする.略号等については全角文字を用いてもよい.
 カタカナは全角文字を用いる.

(4) 文体および用語
 文章は,口語体の「…である」調とし,学術用語以外は常用漢字ならびに現代かなづかいを用いる.
 数字は,原則として算用数字を使用する.
 学術用語等は,文部科学省,JIS規格,IUPAC命名法または関連学会で定めたものに準拠し,度量衡の単位とその表記法は,特に必要な場合を除き,原則として国際単位系(SI)を用いる.
 国際単位系が定める書式に基づき,量の値の表示においては数値と単位の間に半角スペースを挿入する.ただし,角度を表す単位の,°(度),′(分),及び,″(秒)を用いる場合だけは例外的に数値と単位記号の間に空白を挿入しない.
国際単位系(SI)に関しては,独立行政法人 産業技術総合研究所計量標準総合センター「国際単位系」(http://www.nmij.jp/library/units/si/)を参照のこと.
 固有名詞以外の外国語はできるだけ訳語を用いる.必要な場合に限り,初出のところに原綴りを括弧書きで記入する.
 カタカナ語の使用については,カタカナ語辞典に掲載されているものにとどめ,むやみにカタカナで表記しない.
 ローマ字表記はヘボン式ローマ字綴りを用いる.

(5)  参考文献および引用文献
a.文献の分類
 文献は,本文中に引用していない場合を「参考文献」,本文中に引用している場合を「引用文献」として区別する.参考文献および引用文献に関する情報(記載事項)は,論文末尾に「参考文献」,「引用文献」の順に掲載する.
b.引用文献の本文中における記載形式
 引用文献については,本文の引用箇所に括弧書きで(伊藤,1991a)または(伊藤,1991b:15)のように記述する.(  )内は,著者名,発表年[発表順アルファベット][:引用ページ]とする([ ]は省略可能).引用文献に関する情報(記載事項)は,論文末尾にまとめて記載する.
c.参考文献および引用文献の記載事項
 論文,単行本,編著本の場合,それぞれの記載事項は次のとおりである.
 論文の場合は,「著者(発行西暦年):論文題目,誌名,巻,号,始ページ−終ページ.」,
 単行本の場合は,「著者(発行西暦年):書名,発行所名.」,
 編著本の場合は,「著者(発行西暦年):題名,編者名編「書名」,始ページ−終ページ,発行所名.」である.
 欧文著者は,姓と名の頭文字で表記する.姓の後のカンマと名の頭文字との間は半角のスペースを入れる.なお,著者が複数の場合は,姓のみを記載し,カンマで区切って並べる.3名以上の場合は筆頭著者「ほか○名」(欧文著者の場合は et al.)と,略しても良い.欧文雑誌名は,ULRICH等で慣用的な省略名が確定している場合にはそれを使用する.
d.参考文献および引用文献の記載順序
 参考文献および引用文献は,和文と欧文を区別しないで,次のように並べる.
  ()著者(共著の場合は先頭の著者)の姓の欧文表記に基づいて,アルファベット順に配列する.
  ()同一著者による論文が二つ以上ある時は,以下のようにする.
  単著論文を発表年代順に配列する.
  共著論文は,著者全員の欧文表記に基づいて,アルファベット順に配列する.
  同じ共著者による論文で,著者の順序も同じものが二つ以上あるときは,発表年代順に配列する.

(6) 注
 本文中に注をつける場合は,該当箇所の右肩に (1)などのように上付き記号をつけ,末尾にまとめて記載する.
 引用文献がある場合には,注を先に,その後に引用文献を記載する.

(7) 付録
 本文中に挿入するには分量が多く,かつ論文の理解のために必要な調査問題等は,付録として最末尾に記載してもよい.ただし,本文との釣り合いを考えて付録が多くならないように配慮すること.目安は1〜2頁とする.

(8) 問い合わせ先
 論文には,問い合わせ先をつける.問い合わせ先の内容は,郵便番号,住所,所属,氏名,メールアドレスとする.また,問い合わせ先は,筆頭著者であることを原則とする.ただし,筆頭著者が確実な連絡先を持たない場合は,編集事務局に連絡の上,学会員である他の執筆者に変更することができる.

(9) 毒性の強い物質や危険な物質
毒性の強い物質や危険な物質などを使う実験の投稿論文には,すべて取扱い上必要とする注意事項を書く.

2.第1頁の作成手順
 第1頁もA4判とし,行間等については本文と同じとする.ただし,以下の(1)〜(6)の事項を一段組で記述する.これらの事項の記述が済んだ後は,本文の作成手順にしたがって執筆する.既刊号の体裁を参考にしてください.
 論文の種別が,プラザの場合は,(3) 以降の英文は不要である.

(1) 論文題目
 先頭の2行を空けて論文題目をゴチック体で記述する.題目が2行にわたる場合,または,副題がつく場合には,行間に1行を挿入する.

(2) 著者名・所属機関部局名
 論文題目から1行空けて著者名をゴチック体で記述する.著者名の下に著者の所属機関名および部局名を記述する.著者が複数の場合は,横に並べて記述する.1行に記述しきれない場合には,さらにその下に著者名と所属機関部局名の行を設ける.このとき,論文題目行の上に空きが2行ある場合には,それを1行に減らす.

(3) 英文題目
 著者所属部局名行の下に3行分とり,真ん中の行に線を入れる.すなわち,線の下1行空けて英文題目を記述する.フォントはゴチック体とする.

(4) 欧文著者名・所属部局名
 英文題目の下に1行空けて,欧文著者名を記述する.フォントはゴチック体とする.著者が複数の場合は,欧文のカンマで区切る.著者名は,名,姓の順とし名の先頭1文字と姓の綴りは大文字で記述する.
 所属部局名は著者名の下の行に記述する.著者が複数の場合は,著者名の右肩にアスタリスク(*)をつけ,その数で所属機関部局を整理して,記述する.

(5) 英文要約
 欧文所属機関名行の下に1行空け,英文の要約(200ワード以内)をつける.

(6) キーワード
 英文要約の下にKeywordsとして3〜8語の英文キーワードをつける.
 キーワードの下の行に線を入れる.この線の下の行から本文を書き始める.
英文については,必ずネイティブスピーカーの校閲を受けること.

3.図,表の作成手順
 図,表,写真は,そのまま印刷にかかるので明瞭に描く.図,表,写真の番号はそれぞれ,図1,図2,…,表1,表2,…,写真1,写真2,…とし,ゴチック体によるタイトルをつける.タイトルの位置は,表は上,図・写真は下につける.図表のレイアウトについては,下の4.(2)を参照してください.

4.論文投稿上の注意
(1) 投稿規程の遵守
 完成した論文を学会誌『科学教育研究』に投稿する際には,本誌あるいは学会ホームページに掲載されている『科学教育研究』投稿規程および著作権規程を遵守してください.

(2) 二重投稿の禁止
 既発表または投稿中の文献と同一内容または極めて類似した内容を,本誌に投稿することは二重投稿と見なします.ただし,速報・途中成果をまとめた論文(本会や他学会の年会・研究会・国際会議等の予稿集・プロシーディング,科学研究費補助金の報告書,大学の学士論文・修士論文・博士論文,特許公開/公告公報,新聞記事等)を加筆した形で投稿する場合は,二重投稿にはあたりませんが,関係を明らかにするために,その旨を付記して下さい.

(3) 投稿論文の体裁
 投稿論文は,版下原稿の状態になっていること.つまり,適正な書式レイアウトがなされており,図表等が適正な位置,大きさに割りつけられているとともに,本文には,適正な禁則処理がなされていることを確認してください.通しページ番号の確認もおねがいします.
 これらの確認の後,投稿論文をワード形式ファイル,またはPDFファイルの審査用投稿論文として投稿してください.論文投稿・査読用ウェブサイトには論文投稿に際して1つのファイルしかアップロードできませんので,複数のファイルを送信する必要がある場合は圧縮ソフトなどで1つのファイルにしてから送信してください.

(4) 論文投稿・査読用ウェブサイトからの投稿
 論文は,日本科学教育学会の論文投稿・査読用ウェブサイトから投稿してください(ログインの方法が分からない場合は,学会事務局に連絡して下さい).操作マニュアルはトップページの「投稿規程・各種書類」からダウンロードすることができます。
 なお,投稿申請の記載事項に虚偽が判明した場合は,無条件に論文の掲載が却下されることがあります.

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
特集投稿募集のお知らせ:科学教育におけるアクティブ・ラーニング
コンテンツのトップ 次のページ
審査の観点(2007.10.1)
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project