Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2020年 11月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<今日>

日本科学教育学会研究会研究報告【ISSN:1882-4684】Vol.31

Vol.31, No.1 平成28年度日本科学教育学会第1回研究会(北陸甲信越支部開催)2016年12月3日 富山大学
Vol.31, No.2 平成28年度日本科学教育学会第2回研究会(九州・沖縄支部開催)2016年12月3日 長崎大学
Vol.31, No.3 平成28年度日本科学教育学会第3回研究会(東北支部開催)2016年12月3日 秋田大学
Vol.31, No.4 平成28年度日本科学教育学会第4回研究会(若手活性化委員会開催)2016年12月17日 京都大学
Vol.31, No.5 平成28年度日本科学教育学会第5回研究会(南関東支部開催)2017年3月18日 千葉大学



Vol.31, No.1 平成28年度日本科学教育学会第1回研究会(北陸甲信越支部開催)

 PDFのアイコンをクリックしてください。
一括ダウンロード(表紙・目次・全論文・奥付)約3.1MB
論文 ページ タイトル・著者
pp.1-4 理科の学習に苦手意識を持っている児童とそうでない児童の『学び合い』における会話の特徴に関する研究
浅野敏章・青木幹昌・三崎 隆
pp.5-8 小学校理科の『学び合い』の授業において理科の塾に通っている児童とそうでない児童の理科の授業に対する意識についての研究
田中沙和・青木幹昌 ・ 三崎 隆
pp.9-12 『学び合い』の理科の授業において,理科における性差を感じている児童と理科における性差を感じていない児童の会話ケースの分析
山口美貴・青木幹昌・三崎 隆
pp.13-16 自然界のつり合いの理解を促す生態系シミュレーション教材の開発と評価
佐々木郁・桐生 徹
pp.17-20 立体的な磁力線をイメージするための AR 教材の開発
田村領太・桐生 徹・中野博幸・小松祐貴・久保田善彦
pp.21-26 数学的モデリングの指導における複数の学年にまたがる「再モデル化」のための教材開発実践例
竺沙敏彦
pp.27-30 アクティブ・ラーニングにおける同期型 CSCLで学習状況を可視化した環境での教師の言動の傾向性に関する事例的研究
榊原範久・水落芳明・八代一浩・水越一貴
pp.31-34 授業者の学級全体への声かけと学修者の学習意欲の関連に関する事例的研究
若田翔暉・岸 亮・水落芳明
pp.35-40 理科学習と日常生活の関連に関する事例的研究ー小学 3 年「明かりをつけよう」の実践を通してー
木谷眞優・岸 亮・水落芳明
pp.41-44 顕微鏡の操作技能における自作ビデオクリップ活用による相互評価の効果に関する事例的研究
岸 亮・水落芳明

↑ページ上に戻る↑



Vol.31, No.2 平成27年度日本科学教育学会第2回研究会(九州・沖縄支部開催)

 PDFのアイコンをクリックしてください。
一括ダウンロード(表紙・目次・全論文・奥付)約8.4MB
論文 ページ タイトル・著者
pp.1-4 広島高等師範学校附属小学校の低学年における玩具による理科教育の特色
山田真子
pp.5-8 文脈を設定した中学校理科授業実践の事例研究―化学変化とイオン「酸・アルカリと塩」―
中嶋康尋・中山 迅
pp.9-12 高校化学で用いるエステル合成の実験条件の検討
山本祥子・島田秀昭
pp.13-16 高校化学で用いる合成洗剤のマイクロスケール実験
中村 文・島田秀昭
pp.17-20 "Game-Based Situation Prototyping" を用いた複雑系科学入門授業
三浦政司・前波晴彦
pp.21-26 スケール概念に基づく小・中・高等学校理科の生物領域における学習内容の系統性に関する考察
甲斐初美・杉野里紗
pp.27-30 教科間連携を図った中学校理科における授業実践研究 ―「密度」を題材にした理科と数学の相関カリキュラムの開発を中心として―
野添 生・天野秀樹
pp.31-36 高等学校理科における思考力・判断力・表現力の育成: 大分県立大分豊府高等学校の実践を通して
有定裕雅・竹中真希子
pp.37-42 次期改訂理科教科書の生命・生物観察・実験の再現性と科学性に資する根拠データベースの構築 ~アサガオ花粉のはたらき観察・実験の「実施困難度」測定~
西野秀昭
pp.43-48 水草を用いた進化学習のための基礎研究
松茂良美穂・渡邉重義
pp.49-52 理科授業における中学生の事象の観察と疑問の生成との関係―物質の状態変化を事例にして―
廣 直哉・内ノ倉真吾
pp.53-56 科学的な問題解決スキルを視点にした小・中学校理科カリキュラムの分析
渡邉重義
pp.57-60 小学校理科における溶解概念の構成に関する反省的実践―概念生態系のアイデアを援用して―
織田一輝・甲斐初美・森藤義孝

↑ページ上に戻る↑



Vol.31, No.3 平成28年度日本科学教育学会第3回研究会(東北支部開催)

 PDFのアイコンをクリックしてください。
一括ダウンロード(表紙・目次・全論文・奥付)約15.0MB
論文 ページ タイトル・著者
pp.1-4 理科に関する自由研究の内容について―秋田県の1地域を例として―
田口瑞穂
pp.5-8 中学校 1 年生の火山噴火に対する防災意識を高めるための授業実践 ―モデル実験を通して噴火のしくみやマグマの特性について学習した効果―
保坂 学
pp.9-12 算数科におけるプログラミング的思考と数学的な見方・考え方の育成に関する考察―Sphero SPRK Edition を活用した「速さ」の指導事例を通して―
中村好則
pp.13-16 小学校教員養成課程大学生が持つ月の位相変化の認識
長沼侑生・川村教一
pp.17-20 高校生の物質量概念の獲得を阻害する要因について
齋藤幸江・川村教一
pp.21-24 盛岡のヒートアイランドに関する日変化の研究
舞良弘規・名越利幸
pp.25-28 小学校教員を志望する大学生の天体観測能力向上に関する一考察
板橋夏樹・仲 千春
pp.29-32 雫石盆地における逆転層の数値シミュレーション
小川浩輝・名越利幸
pp.33-36 高校生の理科学習場面における達成目標傾向,自己効力感,内発的興味の関係
久坂哲也
pp.37-40 論理的思考の重要性が実感できる科学技術教育:制御の観点から科学技術を学ぶ
安里健太郎
pp.41-44 理科教育における ICT の活用に関する研究―デジタル教科書の機能に着目して―
鈴木宏昭
pp.45-48 理科以外の教員が行う放射線教育の現状と課題
岡田 努
pp.49-54 児童の探究能力の育成を目指した理科授業の実践―単元「ものの溶け方」を題材として―
今村哲史・會田晃子・武田重泰
pp.55-60 授業実践力を自律的に育む校内研修の活性化に関する研究―校内授業研修を成功に導いた研究リーダーの事例を通して―
浦野 弘・南部昌敏
pp.61-64 THETA・ハコスコを活用した VR 教材の開発―小学校 4 年生「夜空を見上げよう」の例―
盒鏡祺察μ庄柩幸
pp.65-68 小学校理科授業における探究活動の分析の試み―NGSS の Practice に基づいて―
木村孝真・今村哲史
pp.69-72 中学校理科における「気象数値実験モデル(CReSS for Education)」の教材化―Web-CReSS for Education―
黒坂 優・藤原 優・名越利幸
pp.73-76 NHM による岩手豪雨の事例研究
太田風乃・名越利幸・津口裕茂
pp.77-80 幼児の生物概念に関する理解
伊藤哲章
pp.81-84 メラミン粒子を利用した流水の働きモデル実験装置の基本性能
川村教一・鈴木 創・山下清次
pp.85-90 自然電位を測定する地学の探究学習の試行
川村教一・西谷忠師・山下清次・川村隆仁・五十嵐美紗・田口瑞穂
pp.91-96 高校生の生命概念に関する実態調査―第1学年女子を対象として―
小林大介・今村哲史
pp.97-100 岩手県雫石町における霧の観測的研究
石森明洋・名越利幸
pp.101-104 小学生教員養成課程学生における実験器具操作と理科指導の自信の有無の関係
遠藤有莉・田口瑞穂

↑ページ上に戻る↑



Vol.31, No.4 平成28年度日本科学教育学会第4回研究会(若手活性化委員会開催)

 PDFのアイコンをクリックしてください。
一括ダウンロード(表紙・目次・全論文・奥付)約24MB
論文 ページ タイトル・著者
pp.1-4 Science Teachers' Subject Speci c Beliefs in Denmark and Japan
YOSHIDA Miku
pp.5-8 中学校理科の教師用指導書における教師の学習支援:支援の内容に着目した分析事例
若林和也・山口悦司
pp.9-14 フィンランドの算数科カリキュラムに関する一考察―Transversal Competence に注目して―
小野塚葵・辻 宏子
pp.15-20 “南の島からゴミの島をなくせ!”プラスチック熱分解をテーマとした環境教育
森田直之・中安雅美・川端康正・保坂勝広・猪又英夫・白鳥 靖・中込秀樹
pp.21-24 小学校理科における反転授業プログラムの開発:小学校第 5 学年「電流の働き」の事例
神山真一・大黒仁裕・江草遼平・鳩野逸生・稲垣成哲
pp.25-30 自己調整学習の足場かけとしての認知行動療法の応用
高橋 聡・高橋 B. 徹・吉川 厚
pp.31-36 遺伝子医療技術を扱う科学技術の社会問題に対するアーギュメントの分析
坂本美紀・山口悦司・稲垣成哲
pp.37-40 ジグソー学習法による複数の電流概念モデルを用いた学習支援―小学校理科授業の実践を通して―
横田昇太朗・山本智一
pp.41-44 非教室空間における双方向的科学コミュニケーションの成立過程
奥本素子
pp.45-50 経験と指導力不足か、生徒の勝手か~学ぶ意欲づくりの難しさ~
川端康正・森田直之・中安雅美・中込秀樹
pp.51-56 ブロックタワーを用いた「重心」教材の実践報告
後藤田洋介
pp.57-60 マンガケースメソッドを使った情報セキュリティマネジメントの学習方法の提案
高橋 B. 徹・高橋 聡・吉川 厚
pp.61-66 ロボットの動作とグラフの関連づけを意識したモデリング調査の結果報告―教育版レゴ ® マインドストーム ®EV3 のデータロギング機能とグラフ関数電卓のトレース機能に着目して―
塚原康介・松嵜昭雄
pp.67-72 日本の大学生は「科学の本質」を適切に理解しているか
岡本紗知
pp.73-78 タンジブル地球儀システムを使った太陽の年周運動の本質理解に関する授業実践計画
金井 司・川崎恭輔・田代祐己・久保田善彦・葛岡英明・鈴木栄幸・加藤 浩・山下直美
pp.79-84 身体化デザインに基づく天文学習支援
川崎恭輔・田代祐己・葛岡英明・久保田善彦・金井 司・大槻麻衣・鈴木栄幸・加藤 浩・山下直美
pp.85-90 アクティブラーニングにおける双子の過ちへの対応策としての科学教育に対する期待と展望
福田博人
pp.91-94 大学生を対象とした説明的文章の読解能力を高める手法に関する実証的研究
小瀬 航・鈴木栄幸
pp.95-98 学習計画の立案と遂行を支援する手法の提案及び評価
渋谷弥生・鈴木栄幸
pp.99-102 環境学習を支援するデジタルすごろくゲーム「里山 Life・アドミンズ」の開発
関口有人・川島芳昭・出口明子・大久保達弘
pp.103-106 高校生向け科学人材育成プログラム <iP-U> のカリキュラム・デザイン: JST グローバルサイエンスキャンパスにおける取り組み
出口明子・大庭 亨・松田 勝
pp.107-110 理科における資質・能力の育成を志向した授業実践―Nature of Science の教授アプローチをもとに―
鈴木宏昭
pp.111-114 次世代リーダーの科学者の芽、SSH 校の生徒から読み取れる探究心の変化
中安雅美・森田直之・川端康正・猪又英夫・白鳥 靖
pp.115-118 デジタル時代の生産性向上のための教育および研究支援 ―ロボティックプロセスオートメーションへの取り組み―
原 泰史・奥和田久美・大角暢之
pp.119-124 算数・数学科における授業分析方法に関する一考察―算数・数学科でのアクティブ・ラーニングの実現を目指して―
新田 緑・御園真史
pp.125-130 中学校数学科における効果的なふりかえりに関する検討
平井夏美・御園真史

↑ページ上に戻る↑



Vol.31, No.5 平成28年度日本科学教育学会第5回研究会(南関東支部開催)

 PDFのアイコンをクリックしてください。
一括ダウンロード(表紙・目次・全論文・奥付)約5.9MB
論文 ページ タイトル・著者
pp.1-4 数学教育におけるあいまいな用語とその対処
渡辺 信
pp.5-8 人間と自然の関係性としてみる富士山宝永噴火、水俣病、イタイイタイ病、原発事故
大辻 永
pp.9-12 草食動物の糞の教材化へ向けての基礎的研究
殿岡直希・早川雅晴
pp.13-18 植物のはたらきを養分の移り変わりから一貫した説明をするための授業開発
佐久間祐太・山下修一
pp.19-24 科学的根拠をもとに説明できる生徒を育てる STEM 教育
―中学校理科「生命を維持する働き」の学習を通して―
野村恵伍・山下修一
pp.25-30 植物工場を活用した STEM 教育
宮嶋将人・山下修一
pp.31-36 疑似科学的言説を通した科学教育の可能性
山本輝太郎・石川幹人
pp.37-42 論文捏造事件を素材とした漫画教材の開発
福井智紀・佐久間岳
pp.43-46 反転授業の実践とその課題
三田満男
pp.47-50 「アニミズム的思考」から科学的思考への穏やかな移行を促すカリキュラム試案の開発(2)
下吉美香
pp.51-56 戦後日本の中学校理科教科書における「放射線の性質と利用」の扱いについて
平田昭雄・青戸優花

↑ページ上に戻る↑



プリンタ出力用画面

前のページ
「日本科学教育学会研究会報告」2016-2
コンテンツのトップ 次のページ
2016第8回研究会(東海支部)
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project