Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2018年 12月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>

平成29年度第6回日本科学教育学会研究会(南関東支部開催)

開催案内 日 程 プログラム 論 文

テーマ 探究的な科学の学び
主 催 一般社団法人 日本科学教育学会
日 時 平成30年3月25(日)13:00〜17:00
会 場 東京学芸大学 N講義棟 411教室  
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
対 象 会員,教員,学生,社会人
参 加 参加費は無料です。
会員,非会員にかかわらず,どなたでも参加できます。
申込み先 2017年度第6回日本科学教育学会研究会・企画編集委員:平田昭雄
〒184-8501
東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学基礎自然科学講座
Tel/Fax (042-329-7545)
E-mail: hirata(atmark)u-gakugei.ac.jp
発表申込 発表者は本学会員のみです。連名の発表の場合には,連名者のうち少なくとも1人が会員である必要があります。発表申し込み時に「入会申し込み」が完了していれば,会員として扱うこととします。
発表を希望される方は,氏名,所属,発表題目,E-mailアドレス,電話番号,連絡先住所,使用機器 を明記したE-mailを企画編集委員:平田昭雄(東京学芸大学)までお送りください。
発表申込締切 平成30年2月13日(火)
原稿提出 発表原稿様式等については,発表申込があった方にE-mailにてお知らせいたします。
原稿提出締切 平成30年3月5日(金)
連絡先 東京学芸大学 基礎自然科学講座
Tel/Fax (042-329-7545)
E-mail:hirata(atmark)u-gakugei.ac.jp
平成29年度第6回日本科学教育学会研究会・企画編集委員:平田昭雄(東京学芸大学)
  
多数の方々の申込をお待ちしております。
日本科学教育学会 南関東支部長 鎌田正裕(東京学芸大学)


◎ 日 程   日程とプログラムのダウンロード    ↑ページ上に戻る↑

12:30〜13:00 受付
13:00〜13:05 開会
13:05〜14:20 研究発表(機
休憩
14:30〜15:30 研究発表(供
休憩
15:40〜16:55 研究発表(掘
16:55〜17:00 総括
17:00 終了


◎ プログラム 東京学芸大学   ↑ページ上に戻る↑

研究発表(機
座長 平田昭雄(東京学芸大学)
A01 13:05-13:20 諸外国における学習科学を応用した教師教育プログラム(2)―ハイファ大学の事例―
○北澤武(東京学芸大学)・望月俊男(専修大学)・山口悦司(神戸大学大学院)
A02 13:20-13:35 科学議論における「誤った論法」の分析と教材化 −誤謬論を中心に−
〇山本輝太郎・石川幹人(明治大学情報コミュニケーション研究科)
A03 13:35-13:50 多様性と共通性に目を向けた単元デザインに関する一考察
○下吉美香(神戸市立妙法寺小学校)
A04 13:50-14:05 小学校の総合的な学習の時間におけるSTEM教育の実践
○後藤田洋介(特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所)・芹澤孝太(杉並区立天沼小学校)・福田晴一(杉並区立天沼小学校)・木村優里(特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所)・原口るみ(特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所)・吉原久美子(特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所)・酒巻由佳(特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所)・大谷忠(東京学芸大学)・今井慎一(東京学芸大学)・金子嘉宏(特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所)
A05 14:05ー14:20 数学科でのICT機器を活用した新科目「理数探究」に関わる授業実践―超音波距離センサを用いた活動を中心に―
○天羽康(愛知教育大学大学院)

14:20-14:30 休憩

研究発表(供
座長 福井智紀(麻布大学)
A06 14:30-14:45 平成20年代日本の政府当局発行中学生向け放射線教育関連副読本の分析
○平田昭雄・青戸優花(東京学芸大学教育学部)
A07 14:45-15:00 気象庁−地震火山月報(防災編)を用いた中学校理科の地震学習
○山口浩太朗(東京学芸大学大学院)・平田昭雄(東京学芸大学)
A08 15:00-15:15 光学メディアによる光干渉Duo-Rainbowの教材提案
○吉川佳佑・島弘幸(山梨大学生命環境学部)
A09 15:15-15:30 諸外国の動物園における生物多様性保全の普及に関する調査報告―スウェーデン・スカンセンの事例―
○三宅志穂・高岡素子(神戸女学院大学人間科学部)

15:30-15:40 休憩

研究発表(掘
座長 北澤武(東京学芸大学)
A10 15:40-15:55 デザイナー・ベビーに関するフューチャーサーチを中心とした理科教材の開発
〇福井智紀(麻布大学)・内藤覚哉(元・麻布大学)
A11 15:55-16:10 (取り消し)
A12 16:10-16:25 授業で使える無重力実験教材の開発−航空機を用いた無重力実験−
○岩下詩乃(東京学芸大学大学院)・鎌田正裕(東京学芸大学)
A13 16:25-16:40 電池の製作とその評価をテーマとした探究的活動のための教材開発
○坂井英夫・鎌田正裕(東京学芸大学大学院)
A14 16:40-16:55 A4の紙で作成する最大容積の容器作り(I)
○竺沙敏彦(城陽市立南城陽中学校)


◎ 論 文  ダウンロードサイトへ  『日本科学教育学会研究会研究報告』Vol.32 No.6   ↑ページ上に戻る↑

論文を掲載いたしました。上記ページよりダウンロードください。



プリンタ出力用画面

前のページ
2017第7回研究会(北関東支部)
コンテンツのトップ 次のページ
2017第5回研究会(若手活性化委員会)
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project