Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2019年 10月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>

平成29年度第8回日本科学教育学会研究会(四国支部開催)

開催案内 日 程 プログラム 論 文

テーマ グローカルな人材を育む科学教育
主 催 一般社団法人 日本科学教育学会
日 時 平成30年5月26日(土)10:00〜15:00
会 場 愛媛大学教育学部 2号館1階 大講義室,201,202教室
〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番
参 加 参加費は無料です。
会員,非会員にかかわらず,どなたでも参加できます。
発表申込 発表者は本学会員のみです。連名の発表の場合には,連名者のうち少なくとも1人が会員である必要があります。発表申し込み時に「入会申し込み」が完了していれば,会員として扱うこととします。
発表を希望される方は,氏名,所属,発表題目,E-mailアドレス,電話番号,連絡先住所,使用機器 を明記したE-mailを 企画編集委員:大橋淳史(愛媛大学)までお送りください。
発表申込締切 平成30年4月17日(火) 平成30年5月7日(月)(延長しました)
原稿提出 発表原稿様式等については,発表申込があった方にE-mailにてお知らせいたします。
原稿提出締切 平成30年5月7日(月) 平成30年5月14日(月)(延長しました)
申込み先 平成29年度第8回日本科学教育学会研究会・企画編集委員:大橋淳史
〒790-8577 愛媛県松山市文京町 愛媛大学 教育学部理科教育講座
Tel (089-927-9434) 
大橋淳史 ohashi.atsushi.mu(atmark)ehime-u.ac.jp
  
多数の方々のご参加をお待ちしております。
日本科学教育学会 四国支部長 林 敏浩(香川大学)


◎ 日 程   日程とプログラムのダウンロード    ↑ページ上に戻る↑

9:30〜9:55 受付
9:55〜10:00 開会
10:00〜11:20 研究発表(セッション1)
11:20〜11:30 休憩
11:30〜12:00 四国支部総会:大会議室
12:00〜13:00 休憩(昼食)
13:00〜14:20 研究発表(セッション2)
14:20〜14:35 休憩
14:35〜15:55 研究発表(セッション3)
15:55 終了


◎ プログラム 愛媛大学教育学部本館2階会議室 【201教室】【202教室】  ↑ページ上に戻る↑

研究発表(セッション1)本館2階会議室
座長 隅田学(愛媛大学)
A01 10:00-10:20 個人・地域・世界を結ぶSTEAM(科学・技術・工学・農学・数学)型エネルギー教育モデルの開発(1)
―私たちの日常生活とエネルギーを中心とした実践―
○真部 幸史・浅井 英典・隅田 学・彦田 順也・八木 昌生・松本 浩司・加藤 美和・三好 徹明・光宗 宏司・大橋 智史・横山 泰士(愛媛大学附属高等学校)
A02 10:20-11:20 招待講演:How to equip students to be problem solvers trough STEAM: Emphasis of computational thinking, scientific thinking, and emotional thinking
○Young Shin Park(Chosun University)

11:20-13:00 四国支部総会・休憩(昼食)

研究発表(セッション2)
座長 秋田美代(鳴門教育大学)(201教室)
B01 13:00-13:20 中学校におけるセミのぬけがらを用いた「昆虫の体のつくりの観察」の試み
○丸山直生(鳴門市第一中学校)・寺島幸生・香西武・早藤幸隆(鳴門教育大学)
B02 13:20-13:40 アオダモ樹皮の抗酸化成分の探索
○早藤幸隆(鳴門教育大学院)
B03 13:40-14:00 教員養成課程学生対象「生きたアメンボ」を用いた実験後
〜アメンボは何故浮くか?と生物教材の意義〜
○原田哲夫・高屋聖卓・竹内日登美・中城満(高知大学)
B04 14:00-14:20 理科実験:ヒトの皮膚感覚
○古木隆寛・中城満・原田哲夫(高知大学大学院総合)
座長 座長:大橋淳史(愛媛大学)(202教室)
C01 13:00-13:20 「化学反応と光エネルギー」における授業展開に関する考察
○小笹康輔・網本貴一(広島大院教育)
C02 13:20-13:40 サリチル酸系医薬品エテンザミドの化学実験教材への活用
○北龍太郎・網本貴一(広島大院教育)
C03 13:40-14:00 スーパーボール模型を用いた金属結晶に関する授業実践
○西條慎祐・原友樹・大橋淳史(愛媛大学院教育)
C04 14:00-14:20 広島地区におけるグローカル科学教育
−科学わくわくプロジェクトにおける化学教育実践−
○網本貴一(広島大院教育)・林武広(比治山大学)

14:20-14:35 休憩

研究発表(セッション3)
座長 向平和(愛媛大学)(201教室)
D01 14:35-14:55 数学教育における創造性育成の研究
ー知っている性質・関係を見い出す能力に焦点をあててー
○大島弘子・秋田美代(鳴門教育大学)
D02 14:55-15:15 数学的に考える資質・能力の育成について
ー言語化活動に焦点を当ててー
○福田聡・秋田美代(鳴門教育大学)
D03 15:15-15:35 月の満ち欠けの学習で使用されるワークシートの問題点について
−左右概念の混乱の現状―
○中城満(高知大学)・楠瀬弘哲(高知大学教職院)・国沢亜矢(高知大学大学院総合人間自然科学研究科)・濱口洋人(宿毛市立咸陽小学校)
D04 15:35-15:55 エルニーニョ現象を題材としたアクティブラーニングの実践
○松原邦明(愛媛県立今治南高等学校)・隅田学(愛媛大学)
座長 網本貴一(広島大学)(202教室)
E01 14:35-14:55 “Ehime University” Science & Culture Campの開発と参加生徒への影響
○隅田学・林秀則・坪井敬文・菅谷成子・バージン・ルース・大橋淳史・中山晃・向平和(愛媛大学)
E02 14:55-15:15 科学イベントや学会発表への参加を通した生物部員の意識の変容
○中川和倫(愛媛県立今治西高等学校)
E03 15:15-15:35 高等学校理科授業における教師の発問に関する研究
‐60時間にわたる授業参観記録を基にして‐
○山岡武邦(愛媛大学附属高等学校)
E04 15:35-15:55 小中学生を対象とした理系人材育成プログラムの開発と評価
○大橋淳史(愛媛大学)


◎ 論 文  ダウンロードサイトへ 『日本科学教育学会研究会研究報告』Vol.32 No.8   ↑ページ上に戻る↑

論文を掲載いたしました。上記ページよりダウンロードください。



プリンタ出力用画面

前のページ
2017第9回研究会(中国支部)
コンテンツのトップ 次のページ
2017第7回研究会(北関東支部)
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project