Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2018年 7月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>

平成29年度第1回日本科学教育学会研究会(北海道支部開催)

開催案内 日 程 プログラム 論 文

テーマ 未来志向の科学教育
主 催 一般社団法人 日本科学教育学会
日 時 平成29年11月11日(土) 9:30〜12:30
会 場 北海道教育大学釧路校 講義棟303教室
〒085-8580
北海道釧路市城山1丁目15番55号
対 象 会員,教員,学生,社会人
参 加 参加費は無料です。
会員,非会員にかかわらず,どなたでも参加できます。
申込み先 2017年度第1回日本科学教育学会研究会・企画編集委員:森健一郎
〒085-8580 北海道釧路市城山1丁目15番55号
Tel (0154-44-3349) ※Faxなし
E-mail:mori.kenichiro(atmark)k.hokkyodai.ac.jp(森健一郎)
発表申込 発表者は本学会員のみです。連名の発表の場合には,連名者のうち少なくとも1人が会員である必要があります。発表申し込み時に「入会申し込み」が完了していれば,会員として扱うこととします。
発表を希望される方は,氏名,所属,発表題目,E-mailアドレス,電話番号,連絡先住所,使用機器 を明記したE-mailを企画編集委員:森健一郎(北海道教育大学釧路校)までお送りください。
発表原稿様式等については,発表申込があった方にE-mailにてお知らせいたします。
発表申込締切 平成29年10月14日(土)
原稿提出締切 平成29年10月23日(月)
  
多数の方々の申込をお待ちしております。
日本科学教育学会 北海道支部長 久保良宏(北海道教育大学釧路校)


◎ 日 程  日程とプログラムのダウンロード   ↑ページ上に戻る↑

9:30〜9:50 北海道支部総会
10:00〜11:30 研究発表(午前の部前半)
11:00〜11:10 休憩
11:10〜12:30 研究発表(午前の部後半)
12:30 終了


◎ プログラム 北海道教育大学旭川校  【A会場】【B会場】  ↑ページ上に戻る↑

研究発表(午前の部前半)
座長 安藤 秀俊(北海道教育大学旭川校)
A01 10:00-10:20 米国のマサチューセッツ州におけるNGSSにもとづく州カリキュラム開発の過程
○荒谷 航平(北海道教育大学大学院)・高橋 一将(北海道教育大学旭川校)
A02 10:20-10:40 科学館ボランティアの活動動機
−M-GTAを用いた分析の経過報告−
○松木 龍哉・高橋 一将(北海道教育大学旭川校)
A03 10:40-11:00 高い制度的利用価値の認知は理科における”主体的・対話的で深い学び”を妨害するか?
○原田 勇希(北海道大学大学院理学院)・三浦雅美(札幌市立中央中学校)
座長 長根 智洋(北海道教育大学釧路校)
B01 10:00-10:20 月の満ち欠け再現ボックスの改良
○中山 雅茂(北海道教育大学釧路校)
B02 10:20-10:40 科学的リテラシーにおける態度の変容に効果的な授業の要因の検討
○小島 一記・重田 勝介(北海道大学大学院理学院)
B03 10:40-11:00 中学校理科「自然と人間」単元における特定外来生物の教材化とその評価
−テキストマイニングのコーディングを活用して−
○森健一郎(北海道教育大学釧路校)・盒 弾(釧路市立幣舞中学校)・栢野 彰秀(島根大学)
  

11:00-11:10 休憩

研究発表(午前の部午後)
座長 高橋 一将(北海道教育大学旭川校)
A04 11:10-11:30 3Dプリンターによるショウジョウバエの胚モデル作成
○南波 凌・安藤 秀俊(北海道教育大学旭川校)
A05 11:30-11:50 アカマダラ・サカハチチョウの日照時間・温度変化による季節型の違いについて
○福島 義己(北海道教育大学大学院)・安藤 秀俊(北海道教育大学旭川校)
A06 11:50-12:10 燻煙を用いた教科横断型教材の開発
○小野寺 貴子・長根 智洋(北海道教育大学釧路校)
A07 12:10-12:30 理工系大学での教授学習言語の「英語化」問題を考える:
札幌農学校での講義を事例として
○小川 正賢(東京理科大学)
座長 久保 良宏(北海道教育大学旭川校)
B04 11:10-11:30 中学校数学科における「垂線の作図」の学習にみる「批判的思考」の様相
○谷口 千佳(佐呂間町立佐呂間中学校)・久保 良宏(北海道教育大学旭川校)
B05 11:30-11:50 中学校数学科における「統合による発展」の具体例
―「平行線と角」に焦点をあてて―
○松田 遥(北海道教育大学大学院)・太刀川 祥平(東京学芸大学附属国際中等教育学校)・久保 良宏(北海道教育大学旭川校)
B06 11:50-12:10 「4つの4」への再訪:世界探究パラダイムの視点から
○大滝孝治(北海道教育大学釧路校)


◎ 論 文  ダウンロードサイトへ  『日本科学教育学会研究会研究報告』Vol.32 No.1   ↑ページ上に戻る↑

論文を掲載いたしました。上記ページよりダウンロードください。



プリンタ出力用画面

前のページ
科学教育研究報告
コンテンツのトップ 次のページ
「日本科学教育学会研究会報告」2017-2
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project