Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2019年 10月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>

平成24年度第3回日本科学教育学会研究会(北関東支部開催)プログラム

【テーマ】科学教育の新しい流れ
【主 催】日本科学教育学会、日本科学教育学会北関東支部
【日 時】平成25年4月13日(土) 9:30-16:30
【会 場】筑波大学 人間系学系棟
      B532教育学域大会議室(A会場)・B521教育学域小会議室(B会場)
     〒305-8572 つくば市天王台1-1-1
【日 程】

9:30〜10:00 受付(筑波大学人間系棟5階)
10:00〜11:00 研究発表(午前の部 1)
11:00〜11:10 休憩
11:10〜12:10 研究発表(午前の部 2)
12:10〜13:20 昼食・役員会*
13:20〜14:20 研究発表(午後の部)
14:25〜14:50 支部会議
14:50〜15:00 休憩
15:00〜16:30 講演

【A会場】 10:00〜11:00        座長:日野圭子(宇都宮大学教育学部)
A01 10:00-10:20 初等教育段階における米国新フレームワークの科学的実践の取り扱い
◯泉直志(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
A02 10:20-10:40 コンピテンシー指向の初等科学カリキュラム
―ドイツニーダーザクセン州における教科「事実教授」のカリキュラムを例として―
◯遠藤優介(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
A03 10:40-11:00 小学校理科における問題解決能力の評価法の検討
−NAEP ScienceにおけるGrade 4 向けタスクを例に−
◯石崎友規(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
10分休憩
【A会場】 11:10〜12:10        座長:大高泉(筑波大学人間系)  
A04 11:10-11:30 PISA型STEAM理科教育プログラムの適用とその効果
◯孔泳泰(晋州教育大学)
A05 11:30-11:50 紙工作を通しての楽しいSTEAM教材の開発
◯池仁哲(晋州教育大学大学院)、孔泳泰(晋州教育大学)
A06 11:50-12:10 小学校理科における「観察」指導の特質
−“Nature of Science”の観点による『理科の教育』の分析−
◯鈴木宏昭(常磐大学人間科学部)
12:10〜13:20   昼食・役員会
【A会場】 13:20〜14:20                座長:牧野智彦(宇都宮大学教育学部)
A07 13:20-13:40 子どもの「問い」を生かす教師の支援についての考察
◯伊藤啓(宇都宮大学大学院教育学研究科)・日野圭子(宇都宮大学教育学部)
A08 13:40-14:00 科学の教育課程構築に向けて:学習者に求める数学の卓越性とは
◯銀島文(国立教育政策研究所)・日野圭子(宇都宮大学教育学部)
A09 14:00-14:20 パラオ共和国における数学授業研究の取組
◯松嵜昭雄(埼玉大学教育学部)
14:25〜14:50   支部会議【A会場】
14:50〜15:00   休憩
【A会場】
講演 15:00-16:30 「アメリカにおけるSTEM教育の展開と実践」 
 講師:熊野善介(静岡大学創造科学技術大学院・教育学部 教授)
【B会場】 10:00〜11:00      座長:熊野善介(静岡大学創造科学技術大学院・教育学部)
B01 10:00-10:20 今こそエネルギーについて議論するとき(1)―米国NEED教材の紹介―
◯藤井健司(茗溪学園中学校高等学校)齋藤利行(日立市立滑川中学校)吉田淳(つくば市立大穂中学校)飯岡裕美子(つくば市立大穂中学校)実川克彦(筑波大学大学院教育研究科)
B02 10:20-10:40 今こそエネルギーについて議論するとき(2)―授業実践の報告―
藤井健司(茗溪学園中学校高等学校)齋藤利行(日立市立滑川中学校)吉田淳(つくば市立大穂中学校)飯岡裕美子(つくば市立大穂中学校)◯実川克彦(筑波大学大学院教育研究科)
B03 10:40-11:00 小学校理科における遺伝教育の導入−イギリスの理科教科書(KS3)の分析から−
◯伊藤哲章(福島県立磐城農業高等学校)
10分休憩
【B会場】 11:10〜12:10       座長:銀島文(国立教育政策研究所)
B04 11:10-11:30 理科教育における生徒と学習内容とのレリバンスに関する研究
◯齋藤正義(筑波大学大学院教育研究科)・片平克弘(筑波大学人間系)
B05 11:30-11:50 「化学結合」を事例とした化学概念の統合化に関する一考察
◯斉藤真吾(筑波大学大学院教育研究科)・片平克弘(筑波大学人間系)
B06 11:50-12:10 小・中・高等学校の円滑な接続を目指した理科カリキュラムに関する
研究─ラーニング・プログレッションズの研究知見を基にして─
◯片岡佑輔(筑波大学大学院教育研究科)・片平克弘(筑波大学人間系)
【B会場】 午後の発表 なし

プリンタ出力用画面

前のページ
2012第2回研究会(北海道)
コンテンツのトップ 次のページ
2012第4回研究会(中国)
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project