Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2020年 10月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<今日>

平成25年度第5回日本科学教育学会研究会(北関東支部開催)プログラム


[テーマ] 実科学教育の実践を繋ぐ
[主 催] 日本科学教育学会、日本科学教育学会北関東支部
[日 時] 平成26年 4月 6日 (日) 9:30〜16:30(予定)
[会 場] 宇都宮大学峰キャンパスUUプラザ
[参 加] 発表の有無にかかわらず参加できます。会員でない方も参加できます。

[プログラム] 

座長: 久保田善彦(宇都宮大学教育学部)
A01  9:00-9:20  児童・生徒の自然体験と理科に対する意識に関する研究
○人見久城(宇都宮大学)・尾形祐美(宇都宮大学教育学研究科)
A02  9:20-9:40  集散的創造活動システム(XingBoard)を用いた理科授業研究会の実践と評価:経験者と未経験者の意識調査の比較から
○佐々木功一(宇都宮大学教育学研究科)・柿沼亜夢呂(宇都宮大学教育学研究科)・野口真之(宇都宮大学教育学研究科)・上山登(宇都宮大学教育学研究科)・久保田善彦(宇都宮大学)・舟生日出男(創価大学)・鈴木栄幸(茨城大学)
A03  9:40-10:00  コミュニケーション連鎖における思考のずれについての一考察
○三浦航平(宇都宮大学教育学研究科)・牧野智彦(宇都宮大学)
座長: 松嵜昭雄(埼玉大学教育学部)
A04  10:10-10:30  児童の加法・減法の方略の進展を促す指導について研究−学年が進んでも素朴な方略を使い続ける児童の考察から−
○湯澤敦子(宇都宮大学教育学研究科)・日野圭子(宇都宮大学)
A05  10:30-10:50  シンガポールの理科教科書における自然の統合的理解に関する研究
○栃堀亮(筑波大学教育研究科)・片平克弘(筑波大学)
A06  10:50-11:10  算数科授業における練り上げに効果的 な規範について:社会数学的規範に依拠した先行研究をもとに
○大嶋靖久(宇都宮大学教育学研究科)・牧野智彦(宇都宮大学)
座長: 出口明子(宇都宮大学教育学部)
A07  11:20-11:40  授業力向上要因と授業研究に対する小学校教師の意識調査
○佐々木功一(宇都宮大学教育学研究科)・人見久城(宇都宮大学)
A08 11:40-12:00 高校理科における生徒の科学的説明力の育成に関する研究
○半就大(筑波大学教育研究科)・片平克弘(筑波大学)
A09  12:00-12:20 話合いを通して,資料の傾向を読み取る力を育てる授業の創造〜問題場面や学習形態の工夫を通して〜
○田中真也(宇都宮大学附属中学校)
12:20 昼食(支部役員会)
座長: 牧野智彦(宇都宮大学教育学部)
A10  13:20-13:40  新任教員の生活科における職能成長の研究〜PAC分析の比較から〜 
○刀川啓一(宇都宮大学教育学研究科)・中谷かおり(宇都宮大学教育学研究科)・野口昌宏(宇都宮大学教育学研究科)・久保田善彦(宇都宮大学)・益田裕充(群馬大学)
A11  13:40-14:00  「協働学習の授業デザインに関する実践的研究」−高校化学の授業研究
○秋元一広(茨城県立古河第三高等学校)
A12  14:00-14:20  環境教育に関わるイギリス初等教科書の分析
○伊藤哲章(郡山女子大学)
座長: 日野圭子(宇都宮大学教育学部)
A13  14:30-14:50  卓越性の科学教育の教育課程研究:不確実性統計教育のカリキュラム編成−“知識を教える教育”から“知識と知識をつなぐ知識を教える教育”の教育課程編成−
○木村捨雄(鳴門教育大学)・銀島文(国立教育政策研究所)
A14 14:50-15:10  ミクロネシア3国の数学授業の特徴−「授業の基本形」にもとづく数学授業の比較を通して−
○松嵜昭雄(埼玉大学)・金児正史(鳴門教育大学)
A15   15:10-15:30 PISAショック後のドイツにおける幼児期の科学教育の展開−バイエルン州を事例として−
○遠藤優介(筑波大学人間総合科学研究科)
座長: 人見久城(宇都宮大学教育学部)
A16  15:40-16:00  米国のKindergarten(5歳段階)における科学教育の目標分析―次世代科学スタンダードのPracticesの観点を中心に―
○石友規(筑波大学人間総合科学研究科)
A17  16:00-16:20  幼児期の自然体験活動における安全管理 −「森のようちえん指導者養成講座」を受講して−
○後藤みな(筑波大学人間総合科学研究科)
A18  16:20-16:40  児童による問題場面の解釈に関する一考察:「混み具合の問題」を例として
○平林真伊(筑波大学人間総合科学研究科)
プリンタ出力用画面

前のページ
2013第4回研究会(南関東)
コンテンツのトップ 次のページ
2013第6回研究会(四国)
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project