Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2019年 4月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<今日>

平成26年度第1回日本科学教育学会研究会(九州沖縄支部開催)

平成26年度日本科学教育学会第1回研究会(九州沖縄支部開催)は終了しました。ご参加ありがとうございました。

開催案内 日 程 プログラム 論 文

テーマ これからの科学教育研究と実践を考える
主 催 一般社団法人 日本科学教育学会
日 時 平成26年11月8日(土)10:10〜15:30(9:30受付開始)
会 場 福岡教育大学(共通講義棟2階)
※発表会場:203教室,204教室
※役員会および支部総会会場:201教室
〒811-4192
福岡県宗像市赤間文教町1-1
〇交通案内  
〇キャンパスマップ
参 加 発表の有無にかかわらず参加できます。
会員でない方もご参加いただけます。
発表申込
締切ました
発表を希望される方は,次の事項を明記の上,平成26年度研究会企画編集委員(九州沖縄支部):坂本憲明(福岡教育大学理科教育講座)まで,メールにてお申し込みください。
(1)氏名(所属)
(2)発表題目
(3)連絡用電子メールアドレス
(4)連絡先電話番号
(5)連絡先住所
(6)使用機器

◎メール送付先:sakamoto(atmark)fukuoka-edu.ac.jp
(坂本憲明・福岡教育大学理科教育講座)
発表申込締切 発表申込の締切は,平成26年9月26日(金)です。 締切ました。
原稿提出 発表原稿様式等については,発表申込みがあった方に電子メールにてお知らせいたします。
原稿提出締切 原稿送付締切は,平成26年10月16日(木)です。
連絡先 〒811-4192
福岡県宗像市赤間文教町1−1
福岡教育大学理科教育講座 坂本憲明
電話 0940-35-1359(坂本研究室)
FAX  0940-35-1740(理科教育講座理科教育教室)
メール sakamoto(atmark)fukuoka-edu.ac.jp
  
日本科学教育学会 平成26年度研究会企画編集委員(九州沖縄支部) 坂本憲明(福岡教育大学)
日本科学教育学会 九州沖縄支部長 山下茂(大分大学)


◎ 日 程  日程とプログラムのダウンロード(PDF)   ↑ページ上に戻る↑

9:30〜10:10 受付
10:10〜11:30 研究発表(午前の部)
11:30〜13:00 昼休憩
(11:40〜12:10) 九州沖縄支部役員会 【共通講義棟201教室】
12:30〜12:50 九州沖縄支部総会 【共通講義棟201教室】
13:00〜14:20 研究発表(午後の部前半)
14:20〜14:30 休憩
14:30〜15:30 研究発表(午後の部後半)


◎ プログラム 共通講義棟 203教室【A会場】204教室【B会場】   ↑ページ上に戻る↑

座長 世波敏嗣(佐賀大学)
A01 10:10-10:30 生物基礎における観察実験の再検討
―原核生物の観察材料としてのイシクラゲ―
〇矢守健太郎(熊本大学教育)・渡邉重義(熊本大学)
A02 10:30-10:50 光の性質を実感するための小学校理科教材の研究
―「光」を鍵にした理科カリキュラムの検討―
〇黒川麻惟(熊本大学)・渡邉重義(熊本大学)
A03 10:50-11:10 小学校理科教材としての海岸・河口の砂
―「色」に注目した理科教材の研究―
〇龍 智将(熊本大学)・渡邉重義(熊本大学)
A04 11:10-11:30 イタリアの火山と地震の教育プロジェクト「EDURISK」の概要
〇土田 理(鹿児島大学)
座長 飯野直子(熊本大学)
B01 10:10-10:30 博学連携の現状と課題
―プラネタリウムを利用した学習投影に関して―
〇片山こゆき(福岡教育大学)・坂本憲明(福岡教育大学)
B02 10:30-10:50 科学概念を形成する子どもを育てる理科学習指導
〇椎窓 敏広(福岡教育大学附属久留米小学校)
B03 10:50-11:10 ネイピアの計算盤を用いた2進数の導入教育
〇高木 悟(工学院大学)・前山和喜(工学院大学)
B04 11:10-11:30 理数連携の共通軸として高校数学科「数学活用」を分析する
〇猪本 修(兵庫教育大学)

11:30ー13:00 昼休憩

座長 土田 理(鹿児島大学)
A05 13:00-13:20 初等理科教育における植物教材の研究
―水の通り道の学習を中心に―
〇田平陽子(佐賀大学大学院)・世波敏嗣(佐賀大学)
A06 13:20-13:40 地学分野(地質)のものの見方・考え方
〜学びの交流会(附属中学校)での授業実践報告〜
〇田中健太(熊本大学)・寺田昂世(熊本大学大学院)・田中 均(熊本大学)
A07 13:40-14:00 県事業による子ども科学実験教室
〜1年に100日,5年間実施して〜
〇軸丸勇士(大分大学名誉教授)・武井雅宏(大分大学名誉教授)・長野雄一郎(大分県教育委員会)・栗田博之(大分市教育委員会)・藤内典子(大分まちなか倶楽部)
A08 14:00-14:20 小学校複式学級における学年別理科授業の指導過程の構成
〜5年「動物の誕生」6年「人の体のつくりと働き」の実践事例〜
〇廣 直哉(鹿児島県南大隅町立第一佐多中学校)
座長 渡邉重義(熊本大学)
B05 13:00-13:20 旧ソ連邦の中等理科教育における教科間結合に関する研究
―1980年代の教授要目と統合課程の提案から見た教科間結合―
〇山路裕昭(長崎大学)
B06 13:20-13:40 教科中心STEAMプログラムの開発及びその教育的な効果
〇孔 泳泰(晋州教育大学)
B07 13:40-14:00 アメリカにおけるSTEM教育推進の活動事例報告動向報告
―アイオワ州での取り組みに着目して―
〇内ノ倉真吾(鹿児島大学)・石崎友規(常盤大学)・齊藤智樹(静岡大学創造科学技術大学院)・Irma Rahma Suwarma(静岡大学創造科学技術大学院)・今村哲史(山形大学)・熊野善介(静岡大学)・長洲南海男(筑波大学)
B08 14:00-14:20 アメリカの次世代科学スタンダードにおける幼稚園の教育内容
〇村津啓太(日本学術振興会特別研究員・神戸大学大学院)

14:20-14:30 休憩

座長 内ノ倉真吾(鹿児島大学)
A09 14:30ー14:50 科学系博物館における情報アクセシビリティの課題
〇江草遼平(神戸大学)・生田目美紀(筑波技術大学)・小林 真(筑波技術大学)・寺野隆雄(東京工業大学)・溝口 博(東京理科大学)・楠 房子(多摩美術大学)・中瀬 勲(兵庫県立人と自然の博物館)・小川義和(国立科学博物館)・稲垣成哲(神戸大学)
A10 14:50-15:10 博物館の展示を対象とした発問カードの作成
―宮崎県総合博物館における昆虫展示を例に―
〇山拓登(宮崎大学大学院)・福松東一(宮崎県総合博物館) ・中山 迅(宮崎大学大学院)
A11 15:10-15:30 TIMSS論述式課題の回答にみられる質量保存概念の問題点
〇兒玉光弘(宮崎大学大学院)・中山 迅(宮崎大学大学院)・猿田祐嗣(國學院大學)
座長 山路裕昭(長崎大学)
B09 14:30ー14:50 イオンモデルのアニメーション教材が電気分解における生徒の推論に及ぼす影響の分析
〇漆畑文哉(愛知教育大学大学院)・福田恒康(愛知淑徳中学校・高等学校)・吉田 淳(愛知教育大学)
B10 14:50-15:10 中学校第3学年「化学変化とイオン」単元の最適化に関する研究
〇田中将希(福岡教育大学)・甲斐初美(福岡教育大学)
B11 15:10-15:30 小学校理科における科学用語の取り扱いに関する分析
―ものの温まり方を中心として―
〇野口祐未(福岡教育大学)・森藤義孝(福岡教育大学)


◎ 論 文   ダウンロードサイトへ  『日本科学教育学会研究会研究報告』Vol.29 No.1   ↑ページ上に戻る↑

九州沖縄支部開催の研究会では,発表原稿を印刷したものを配布いたしません。
上記,学会Webサイトからダウンロードしてくださいますようお願いいたします。
(原稿や資料など,各自でご用意くださり,当日配布いただいても構いません。)

プリンタ出力用画面

前のページ
2014第2回研究会(東北)
コンテンツのトップ 次のページ
「日本科学教育学会研究会報告」2014-2
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project