Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2019年 10月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>

平成26年度第8回日本科学教育学会研究会(中国支部開催)案内

平成26年度第8回日本科学教育学会研究会(中国支部開催)は終了しました。ご参加ありがとうございました。

開催案内 日 程 プログラム 論 文

テーマ より良い社会づくりに向けた科学教育の実践と研究
主 催 一般社団法人 日本科学教育学会
後 援 鳥取県教育委員会(予定),鳥取市教育委員会(予定)
日 時 平成27年5月30日(土) 10:00〜17:30
会 場 鳥取大学 鳥取キャンパス
〒680-8550
鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101
〇交通案内
参 加 会員,教員,学生,社会人
発表の有無にかかわらず参加できます。
参加費は無料です。
会員でない方も参加いただけますが,発表は会員に限られます。
発表申込 発表者は本学会員のみであり,発表予定者が現在会員でない場合は,発表申し込み時に「入会申し込み」が完了していることが発表の条件になります。
単名または連名発表者に1名以上の会員を含むことが条件となります。
希望される方は,氏名,所属,発表題目,E-mailアドレス,電話番号,連絡先住所,使用機器を明記したE-mailを2014年度第8回日本科学教育学会研究会・企画編集委員:前波晴彦(鳥取大学)までお送りください。

◎メール送付先:maenami(atmark)cjrd.tottori-u.ac.jp
前波晴彦(鳥取大学)
発表申込締切 平成27年5月1日(金)です。 締切ました。
原稿提出 発表原稿様式等については,発表申込があった方にE-mailにてお知らせいたします。
原稿提出締切 平成27年5月8日(金)です。
連絡先 2014年度第8回日本科学教育学会研究会・企画編集委員:前波晴彦(鳥取大学)
E-mail:maenami(atmark)cjrd.tottori-u.ac.jp
  
多数の方々のご参加をお待ちしております。
日本科学教育学会 中国支部長 藤井浩樹(岡山大学)


◎ 日 程   ↑ページ上に戻る↑

9:30ー10:00 受付
10:00-11:00 研究発表1
11:00-11:10 休憩
11:10-11:50 研究発表2
11:50-13:00 昼休憩
(11:50-12:20)中国支部役員会 【スペースD】
(12:30-12:50)中国支部総会 【スペースC】
13:00-14:00 特別講演
14:10-15:10 研究発表3
15:10-15:20 休憩
15:20-16:20 研究発表4
16:20-16:30 休憩
16:30-17:30 研究発表5


◎ プログラム 広報センター スペースC  プログラムのダウンロード(PDF)   ↑ページ上に戻る↑

研究発表1
座長 前波晴彦(鳥取大学)
01 10:00-10:20 学習内容の構造分析に基づいた中学校理科授業の実践(2)
―第2学年「電流と磁界」単元の実践を通して―
〇園山裕之(島根大学)・御園真史(島根大学)・栢野彰秀(島根大学)
02 10:20-10:40 小学校理科授業設計のためのコンフリクトマップの活用
〇松田雅代(兵庫教育大学)・溝邊和成(兵庫教育大学)
03 10:40-11:00 女子生徒に配慮した理科授業のための教師教育プログラムの開発
―教育実習生を対象として―
〇津村真里菜・藤井浩樹(岡山大学)

11:00-11:10 休憩

研究発表2
座長 佐々木弘記(中国学園大学)
04 11:10-11:30 小学校第5学年理科教科書に見られる条件制御の変数の特徴
〇井上璃咲(島根大学)・栢野彰秀(島根大学)・中山雅茂(北海道教育大学)・森健一郎(北海道教育大学)
05 11:30-11:50 理科模擬授業における学生の授業評価の質的変容について
〇福井広和(就実大学)

11:50-13:00
(11:50ー12:20)
(12:30ー12:50)
昼休憩
中国支部役員会 【スペースD】
中国支部総会 【スペースC】

特別講演
13:00-14:00 教育システムの最適化に向けて これまでの研究を振り返って
岡山理科大学 宮地 功 氏

研究発表3
座長 座長:福井広和(就実大学)
06 14:10-14:30 ESDの視点に立った理科指導の工夫
―持続可能な社会づくりの構成概念に基づいた教材解釈―
〇岡本弥彦(岡山理科大学)
07 14:30-14:50 動物園来園者の科学的観察を支援するための紙芝居を利用したワークショップ:
旭山動物園のアザラシ展示の事例
〇田中 維(神戸大学)・山口悦司(神戸大学)・稲垣成哲(神戸大学)・楠 房子(多摩美術大学)・江草遼平(神戸大学)・山橋知香(神戸大学)・奥山英登(旭川市旭山動物園)・木下友美(旭川市旭山動物園)・坂東 元(旭川市旭山動物園)
08 14:50-15:10 携帯ゲーム機を題材とする既存の映像教材を用いた情報モラル指導法の工夫
〜「3 種の知識」に基づく指導法を適用して〜
〇杉原篤典(中国学園大学)・佐々木弘記(中国学園大学)

15:10-15:20 休憩

研究発表4
座長 岡本弥彦(岡山理科大学)
9 15:20-15:40 学校掲示板への書き込みを題材にした情報モラル指導用教材の開発
〜「心の働きの相反性」の克服をねらいとして〜
〇中島瑠美(中国学園大学)・佐々木弘記(中国学園大学)
10 15:40-16:00 動画投稿サイトへのアップロードを題材にしたモラルジレンマ教材の開発
〜道徳の時間における情報モラル教育の実践〜
〇松尾彩加(中国学園大学)・佐々木弘記(中国学園大学)
11 16:00-16:20 情報系科目の紹介スライドを作成する授業についての分析
〇西尾芳樹(岡山理科大学)・宮地 功(岡山理科大学)

16:20-16:30 休憩

研究発表5
座長 宮地 功(岡山理科大学)
12 16:30-16:50 流星群に関する児童の素朴概念を転換する指導法の工夫
〜地球の公転軌道上の塵や氷と地球とのモデルを用いて〜
〇川井 健(中国学園大学)・佐々木弘記(中国学園大学)
13 16:50-17:10 月食の見え方に関する視点移動を支援するためのビデオカメラの活用
〇安達大将(中国学園大学)・佐々木弘記(中国学園大学)
14 17:10-17:30 宇宙教育用教材の企画・開発を題材とした課題解決型授業
〇三浦政司(鳥取大学)・高須佳奈(島根大学)・前波晴彦(鳥取大学)


◎ 論 文    ダウンロードサイトへ  『日本科学教育学会研究会研究報告』Vol.29 No.8   ↑ページ上に戻る↑

論文を掲載いたしました。上記ページよりダウンロードください。



プリンタ出力用画面

前のページ
2014第9回研究会(東海支部)
コンテンツのトップ 次のページ
2014第7回研究会(北関東支部)
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project