Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2019年 10月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>

平成27年度第4回日本科学教育学会研究会(北陸甲信越支部開催)

「平成27年度第4回日本科学教育学会研究会」(北陸甲信越支部開催)は終了しました。ご参加ありがとうございました。

開催案内 日 程 プログラム 論 文

テーマ 科学教育研究の実践とその展望
主 催 一般社団法人 日本科学教育学会
日 時 平成28年2月20(土) 10:00〜14:30
会 場 山梨大学(甲府キャンパス)総合研究棟(Y号館)Y-11 ・Y-12 教室
〒400-8510
山梨県甲府市武田4丁目4-37
〇交通案内
〇キャンパスマップ
参 加 参加費は無料です。
会員,非会員にかかわらず,どなたでも参加できます。
発表申込 発表者は本学会員のみです。連名の発表の場合には,連名者のうち少なくとも1人が会員である必要があります。発表申し込み時に「入会申し込み」が完了していれば,会員として扱うこととします。
発表を希望される方は,氏名,所属,発表題目,E-mailアドレス,電話番号,連絡先住所,使用機器を明記したE-mailを平成27年度第4回日本科学教育学会研究会(北陸甲信越支部開催)企画編集委員:佐藤寛之(山梨大学)までお送りください。

◎メール送付先:hiroyukis(atmark)yamanashi.ac.jp
佐藤寛之(山梨大学)
発表申込締切 平成28年1月8日(金)です。 締切ました。
原稿提出 発表原稿様式等については,発表申込があった方にE-mailにてお知らせいたします。
原稿提出締切 平成28年1月22日(金)です。
連絡先 E-mail:hiroyukis(atmark)yamanashi.ac.jp
平成27年度第4回日本科学教育学会研究会(北陸甲信越支部開催)
企画編集委員:佐藤寛之(山梨大学)
  
多数の方々のご参加をお待ちしております。
日本科学教育学会 北陸甲信越支部長 水落芳明(上越教育大学)


◎ 日 程  日程とプログラムのダウンロード      ↑ページ上に戻る↑

10:00〜10:30 受付
10:30〜10:40 開会
10:40〜12:00 研究発表1
12:00〜13:10 昼食・休憩
13:10〜14:30 研究発表2
14:30 終了


◎ プログラム 山梨大学(甲府キャンパス)総合研究棟(Y号館)【A会場】Y-11【B会場】Y-12    ↑ページ上に戻る↑

研究発表1
座長 三崎 隆(信州大学学術研究院)
A01 10:40-11:00 英米の科学教育関連図書に見られるライティング指導の特徴
〇岡田啓吾(上越教育大学大学院)・稲田結美(上越教育大学大学院)
A02 11:00-11:20 大学生における科学的モデルに対する限界性の認識
―肺の呼吸モデルと状態変化の粒子モデルに着目して―
〇松井 淳(上越教育大学大学院)・内ノ倉真吾(鹿児島大学)・稲田結美(上越教育大学大学院)
A03 11:20-11:40 基礎物理におけるアクティブラーニングの実践と効果
〇西 誠(金沢工業大学)
A04 11:40-12:00 モデル作成と更新にみる子どもの物質概念の萌芽に関する考察
〇松尾健一(横浜市立瀬谷さくら小学校)・樋口麻美(横浜市立瀬谷さくら小学校)・佐藤寛之(山梨大学大学院)
座長 清水宏幸 (山梨県教育庁)
B01 10:40-11:00 小・中学校教員志望学生の放射線に関する認識調査
佐藤寛之(山梨大学大学院)・松森靖夫(山梨大学大学院)・〇佐藤正和(山梨大学)
B02 11:00-11:20 中学校理科での元素に関する学習ツールに関する一考察
佐藤寛之(山梨大学大学院)・松森靖夫(山梨大学大学院)・〇仲山 輝(山梨大学)
B03 11:20-11:40 数学学習の意義や数学の必要性を実感しうる教材の開発
―RME理論とmascilを手がかりとして―
〇徳田 凌(金沢大学)・原 佑輔(金沢大学)・伊藤伸也(金沢大学)

12:00-13:10 昼食・休憩

研究発表2
座長 佐々木智謙(山梨県立巨摩高等学校)
A05 13:10-13:30 SSH校における実習課題の意識付けと学習効果の検証
〇森田直之(千葉大学大学院,東京都立多摩科学技術高等学校)・川端康正(千葉大学大学院,東京都立多摩科学技術高等学校)・中安雅美(東京都立多摩科学技術高等学校)・鈴木勝典(東京都立多摩科学技術高等学校)・猪俣英夫(東京都立多摩科学技術高等学校)・金田裕治(東京都立多摩科学技術高等学校)・中込秀樹(千葉大学大学院)
A06 13:30-13:50 プレゼンテーションおよびコミュニケーション能力育成のためのプロジェクト
〇中安雅美(東京都立多摩科学技術高等学校)・森田 直之(千葉大学大学院,東京都立多摩科学技術高等学校)・川端 康正(千葉大学大学院,東京都立多摩科学技術高等学校)・猪俣 英夫(東京都立多摩科学技術高等学校)・金田 裕治(東京都立多摩科学技術高等学校)
A07 13:50-14:10 小学校教員志望学生の自然認識に関する一考察
―小学校理科教科書に掲載されている微生物の体長を事例にして―
松森靖夫(山梨大学大学院)・佐藤寛之(山梨大学大学院)・〇森田浩一(山梨大学)
A08 14:10-14:30 アニメーション視聴が小学生の自然認識に及ぼす影響の調査
松森靖夫(山梨大学大学院)・佐藤寛之(山梨大学大学院)・〇小林香菜子(山梨大学)
座長 稲田結美(上越教育大学大学院)
B05 13:10-13:30 水中射的を教材とした光の屈折に関する授業実践
―中学校第1学年を対象として―
佐藤寛之(山梨大学大学院)・松森靖夫(山梨大学大学院)・〇望月健人(山梨大学)
B06 13:30-13:50 小学生が夏休みに理科の自由研究に取り組む意識と科学リテラシーに関する実態調査
〇林 康成(信州大学大学院)・三崎 隆(信州大学学術研究院)
B07 13:50-14:10 『学び合い』の授業づくり実践経験の少ない教諭の理科の授業づくりに対する不安や悩みの変容
〇小林茉里奈(信州大学)・三崎 隆(信州大学学術研究院)
B08 14:10-14:30 小学校第4学年理科における児童の質問分析
〇三崎 隆(信州大学学術研究院)・西沢真衣(信州大学)


◎ 論 文  ダウンロードサイトへ 『日本科学教育学会研究会研究報告』Vol.30 No.4   ↑ページ上に戻る↑

論文を掲載いたしました。上記ページよりダウンロードください。



プリンタ出力用画面

前のページ
2015第5回研究会(南関東支部)
コンテンツのトップ 次のページ
2015第3回研究会(若手の会)
JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project