Welcome Guest 
JSSE
学会活動
情報 提供・交換
学会活動カレンダー
前月2019年 8月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<今日>

☆注意☆

ここに掲載された情報は,日本科学教育学会としての情報提供ではなく,会員の便を図るためのものです.
その内容と影響について,日本科学教育学会は一切の責任を負うものではありません.

2019年7月16日(火曜日)

教員の公募について(琉球大学)

カテゴリー: - websp @ 08時12分16秒

1.公募人員 准教授または講師 1 名

2.所 属 教育学部理科教育講座

3.専門分野 理科教育(主に地学系領域)・学校教育実践

4.担当予定科目
(学 部)
【理科教育専修】
理科教育法C、自然科学概論、初等理科教育法(理科教育研究)(分担)、地学II、他
【教育実践学専修】
学校教育専攻必修科目(分担)、教職体験II(分担)、小学校教育フィールドワーク(分担)、 小学校教育研究法I・II、教職実践演習(分担)、卒業研究I・II、他
着任後は、小学校、中学校及び高等学校の理科の指導法科目、地学専門科目(特に気象学、天文学)を担当していただきます。あわせて当分の間、小学校教員の養成を主目的とする教育実践学専修の教育・運営に関わっていただきます。
(大学院) 理科教育特論A・B、理科教育特論演習A・B、理科教育実践研究A、授業づくりと指導法の高度化、他
担当科目は、教職課程認定基準の変更や学部教育組織の改組等によって変更す
ることがあります。

5.研究分野
(1)大分類:社会科学 小分類:教育学
(2)大分類:複合領域 小分類:科学教育・教育工学
(3)大分類:数物系科学 小分類:地球惑星科学

6.応募資格
(1)博士または修士の学位を有する者。
(2)理科教育学を専門とし、教育実践に関する教育・研究に取り組める者で、教育学部の理念と目的を十分に理解し、教員養成・教師教育にも意欲のある者。
(3)地学の分野において教育・研究業績を有し、学部及び大学院において熱意を持って専門教育・研究指導を行い、理科教育(特に地学領域)に関する教職科目を担当できる者。
(4)小学校教諭、中学校教諭(理科)または高等学校教諭(理科)のいずれかの一種もしくは専修免許状を有する者(小学校、中学校又は高等学校等の教員として実務経験があることが望ましい)。
(5)着任後も専門領域の研究を発展的に継続し、教育と研究を両立することができる者。
(6)母語・国籍は問わないが、職務内容を遂行するに足る日本語能力と日本の学校教育についての理解を有すること。

7.待遇
雇用形態:常勤(1日7時間45分、週5日勤務)
給 与:経歴によって算定(国立大学法人琉球大学職員給与規程による)
諸手当:通勤手当・住居手当等(国立大学法人琉球大学職員給与規程による)
休 日:日曜日及び土曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、年末年始
(12月29日〜1月3日)、その他特に指定する日
福利厚生:文部科学省共済組合に加入

8.応募期間 令和元年9月17日(火)午後5時必着

9.採用予定日 令和2年4月1日

応募書類・選考方法等の詳細情報は琉球大学のウェブサイトをご覧ください。
http://www.u-ryukyu.ac.jp/aboutus/facultymember/


          

13 queries. 0.020 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

JSSE | Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project