Welcome Guest 
年会開催一覧
第38回(埼玉大学)
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
本サイトは,年会開催当時の情報をそのまま掲載していますことをご了承の上,ご利用ください。

第38回年会への多数のご参加、ありがとうございました。

概要

日本科学教育学会第38回年会

1.年会テーマ:学びの原点への回帰−イノベーティブ人材育成のための科学教育研究−

2.日程:2014年9月13日(土)〜15日(月) (3日間)
 タイムテーブルはこちら

3.会場:9月13日(土)・15日(月):埼玉大学(大久保キャンパス)
     (〒338-8570 さいたま市桜区下大久保255)
     http://www.saitama-u.ac.jp/
     9月14日(日):大宮ソニックシティ(小ホール)、大宮ソニック市民ホール(集会室)
     (〒330-8669 さいたま市大宮区桜木町1丁目7-5)
     http://www.sonic-city.or.jp/

4.主催:一般社団法人日本科学教育学会
  後援:文部科学省,埼玉県教育委員会,さいたま市教育委員会,埼玉大学

5.年会実行委員会:
 [実行委員長]清水 誠
 [実行委員]浅田茂裕、小倉 康、二宮裕之、松嵜昭雄

6.連絡先:日本科学教育学会第38 回年会実行委員会
      〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255
            埼玉大学教育学部 小倉 康

7.内容:次の内容を予定しています。

(1)シンポジウム
   テーマ:産業界から見たイノベーティブ人材育成のための科学教育

(2)招待講演「科学教育研究セミナー」
 特定の分野でアクティブに研究を進めている先生方をお招きして、会員向けに専門的なお話を聞かせて頂きます。今回は、「工学的アプローチによる教育実践研究法の探究と学習開発研究への展開」により、平成25年度学会賞「学術賞」を受賞された西之園晴夫先生にご講演いただきます。
 登壇者:西之園晴夫先生(特定非営利活動法人 学習開発研究所)

(3)課題研究発表
 前回の第37回年会と同様に、学会企画と自主企画を統合し、学会員から多様な研究テーマに関する企画を募集します。
 応募に当たっては課題研究申請用紙及び理由書をダウンロードして、必要事項を記入の上、5月9日(金)までに電子メールにて送信して下さい。
・応募先:jsse-kadai@freeml.com

(4)一般研究発表
 例年通り、1件の発表の持ち時間は20分(発表15分、質疑5分)です。

(5)インタラクティブセッション
  例年通り、ポスター発表もしくは実演紹介の形態で、研究内容についてインタラクティブにじっくりと語り合う場です。

(6)その他の企画:総会、懇親会若手の会国際交流委員会企画ランチョン・ミーティング、各種会合など

8.年会論文集の電子化
 前回の第37回年会と同様に、年会論文集を電子化します。
・年会当日は、学会会場の見取り図、プログラムなどが掲載された「年会論文要旨集」を紙媒体で配布します。ただし、年会論文要旨集には、個々の研究の論文は掲載されていません。
・従来の体裁・様式を踏襲した「年会論文集」については、紙媒体での印刷・配布は行わず、電子ファイルで提供いたします。年会当日は、年会論文集の電子ファイルを格納したUSBメモリなどの媒体を参加者にお配りします。

プリンタ出力用画面
友達に伝える
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project